容姿に自信をつけるなら大阪のクリニックでふたえ整形をしよう

二重

大阪でのふたえ整形で脱!一重まぶた

今まで一重まぶたへのコンプレックスが強く、アイプチ・アイメイク無しでは、とても外出出来ない自分がおりました。知人に合う際や大阪の職場でもいつもバレてしまっていたら恥ずかしいと感じ、気がかりで仕方ありませんでした。かぶれもあった事から、一念発起してふたえ整形の施術へ踏切りました。大阪の病院のカウンセリングはとても親切で、予算を考慮してくれたうえで、理想のラインをイメージするため、二本の棒の様な物で二重の形を作りました。
日本人に合う形は 【末広形】(切れ長に見える涼し気な目元)と説明を受けましたが、ぱっちりした目元に憧れていたため、【平行型】(目頭辺りからラインが入る)を希望しました。ただ、最初からメスを入れるのは怖いですし、腫れも気になるため、【埋没法・3点留】(皮膚を切らず、まぶたの数カ所を専用糸で留める方法を選択しました。目の回りの施術でかなり緊張しましたが、笑気ガスでリラックス後、局部麻酔をまぶたの表と裏に計4回打たれましたが、これが割りと痛かったです。
グイグイとまぶたを引っ張られ緊張せざるを得ませんでしたが、20分位でふたえ整形の施術は済みました。麻酔が切れ、その日は痛みましたが、いただいた鎮痛剤と少し目元を冷やし、一週間経過した今では痛みも無く、腫れも殆ど収まりました。毎朝、大変だったメイク時間も短縮され、素顔で外出もでき、本当に大阪でふたえ整形を受けて良かった!と思っております。

大阪で当たり前になりつつあるふたえ整形の種類の違い

大阪でもふたえ整形はもう当たり前のようにみなさんやっている整形手術になりました。くっきりとした二重まぶたはやはり女性の憧れです。大阪で話題性も高いふたえ整形には種類が2つあります。その2つのふたえ整形手術の違いについて詳しくご紹介します。
まず1つ目は埋没法というメスで切らずに、糸でとめる方法です。この埋没法は、短時間でできてあまり腫れないので、人にバレずらいというメリットがあります。埋没法のデメリットとしては、腫れぼったいまぶたの人は、一重まぶたに戻ってしまう場合があるという事です。あとは、糸の結び目がまぶたにあることにより、ゴロゴロする違和感が残ったりします。次に2つ目の二重整形手術の切開法です。切開法は、メスで切る本格的な手術になります。
メリットとしては、はっきりくっきりとした思い通りの二重まぶたが手に入りますし、一重まぶたに戻ってしまう事もありません。デメリットは、腫れが目立つ事と、内出血してしまうのでしばらくまぶたが紫色になったりします。仕事や学校が休みの時にやらないとバレてしまう場合があります。大阪でもこれらのメリットとデメリットを考えながら、自分に合った二重整形のやり方を選び、美しい希望通りの二重まぶたになりましょう。

大阪で人気のふたえ整形の埋没法

大阪でふたえ整形を検討されている方は、まずふたえ整形にどんな種類があるのかを把握しておきましょう。これを把握せずにふたえ整形してしまうと、あとから別の方法が良かったのでは、と考えてしまいがちです。そこで、大阪でもできるふたえ整形と埋没法について紹介します。埋没法という方法からわかるように、糸を埋め込むことで二重にする方法です。切開をするわけではないため跡が残りませんし、大阪でも比較的安価で行えることがメリットとなります。また、手術時間もそれほどかかりません。
数十分ほどで手術が完了するため、あまりリスクを負うことなくふたえ整形したいのであればおススメの方法といえるでしょう。ただし、効果が永続するわけではありません。切開手術ほど効果は長続きしないため、一生二重でいたいと考えている方にはその点がネックとなります。
二重が取れ始めたあたりでまた施術する方法もありますが、それを積み重ねていくと費用や負担も大きくなります。このような特徴を持っている埋没法ですが、魅力的な方法の一つであることは確かでしょう。いつかは二重でなくなるとはいえ、数年はもつケースがほとんどです。しばらく二重で過ごしてみたい、そこまで多くの金額をかけられない方におススメです。

Article List

Headline

TOP